・写真/カメラ/天体望遠鏡

CANON EOS Kiss X9i 発表

2017/02/17

CANON EOS Kiss X9iが2017年4月上旬に発売されるようです。

トピックとしては「デュアルピクセルCMOS AF」の採用により、世界最速のAF合焦速度が実現されたことでしょうか。

昨年3月に発売された EOS 80Dと同じオールクロス45点AFが採用され、高精度な合焦が可能になったとのことです。


新世代映像エンジン DIGIC 7 搭載

映像エンジンは新世代の「DIGIC 7」が搭載されています。

今日現在でDIGIC7が搭載されたプロフェッショナルモデル、ハイアマチュアモデルは存在せず、デジタル一眼レフではエントリーモデルのEOS KissX9i、EOS 9000Dからの搭載となります。

なお、ミラーレスでは同じく2017年4月上旬に発売のEOS M6と2016年11月に発売されたEOS M5から「DIGIC 7」が搭載されています。

現在我が家にあるCANONのデジカメはEOS Kiss X5。

その前に使っていたEOS Kiss X4 が 2010年2月発売でDIGIC4

2011年3月発売の EOS Kiss X5 も DIGIC 4

2012年6月発売の EOS Kiss X6i は DIGIC 5

2013年4月発売の EOS Kiss X7 も DIGIC 5

2015年4月発売の EOS Kiss X8i は DIGIC 6

2017年4月発売の EOS Kiss X9i は DIGIC 7

これまでの発売スパンと異なりX8i から X9i までのスパンは2年になっています。

映像エンジンの進化は処理速度の向上によって大型のCMOSセンサーを搭載した時のレスポンスや、解像感の向上、低ノイズ化により高いISO設定が可能になったりします。

また、大型センサーで動画をフルハイビジョン60pで撮影するとそれなりの処理速度が必要となってくるので、動画撮影の仕様や機能向上にも映像エンジンは貢献しています。

EOS Kiss X9i と EOS Kiss X5 比較

 EOS Kiss X9iEOS Kiss X5
有効画素数約2420万画素約1800万画素
感度ISO100~25600ISO 100~6400
測距点最大45点(クロス測距点:最大45点)9点
輝度範囲EV-3~18(中央F2.8対応測距点・ワンショットAF・常温・ISO100)EV1~20(常温・EF50mm F1.4 USM使用・ISO100)
画像処理エンジンDIGIC 7DIGIC 4
測光輝度範囲EV1~20(常温・ISO100)EV-0.5~18(常温・ISO100)
AF方式専用AFセンサーによるTTL二次結像位相差検出方式63分割TTL開放測光
シャッタースピード 1/4000~30秒(すべての撮影モードを合わせて)、
バルブ、ストロボ同調最高シャッター速度=1/200秒
1/4000~1/60秒(シーンインテリジェントオートモード)、ストロボ同調最高シャッター速度=1/200秒
1/4000~30秒、バルブ(すべての撮影モードを合わせて)
連続撮影最高約6.0コマ/秒最高約3.7コマ/秒

ざっと個人的に気になる仕様のみサマリにしてみました。

2011年3月発売の EOS Kiss X5 から2017年4月発売のX9iの比較なので6年分の進化です。

個人的に好きなメーカーはCANONとPENTAX

PENTAX K-S2 / CANON EOS Kiss X5

デジタル一眼で好きなメーカーはキヤノンとペンタックスです。

キヤノンの好きな所はエントリー機の取り扱いが簡単でおまかせオートでそこそこ撮れるところ。

これは完全な好みですが、エントリー機特有のあまりキリッとしていない写りが好きです。

ペンタックスはエントリー機でもインターバル関係の撮影がカメラ本体だけで出来ること。

星空や天体の撮影に重宝します。

自分の中では手持ち&オートでそこそこ綺麗なスナップが撮れるCANON。三脚立てて風景や夜景、星空を撮るPENTAXという印象です。

あくまでエントリー機での私の勝手な印象ですが。(^^;

そういえばあと数日で PENTAX KP が発売されます。

次に買うなら X9i か KP か・・・・。

買わないけど悩みます。笑

 

-・写真/カメラ/天体望遠鏡