・写真/カメラ/天体望遠鏡

CANON EF-S24mm F2.8 STM

CANON EF-S24mm F2.8 STM

CANON EF-S24mm F2.8 STM

2014年11月13日に発売されたEF-Sレンズ初のパンケーキレンズです。
24mmなので35mm判換算で38mm相当のレンズということになります。

EF-S2428STM

EF-S24mm F2.8 STMレンズ構成は5群6枚、
絞り羽根枚数は7枚、フィルター径は52mm。

ちなみにこの写真はPENTAX K-30+smc PENTAX-DA 35mmF2.4AL
f/2.4、1/20秒、ISO-400、35mm換算で52mmの焦点距離です。

EF-S24mm F2.8 STM

CANON EOS Kiss X5にEF-S24mm F2.8 STMを取り付けたところです。

レンズ取り付けの回転が少しキツイ気がしますが、
薄いので力が入りずらいからだと思います。

stm01

今度はCANON EOS X4を使っています。
EF-S24mm F2.8 STM f/2.8、1/2秒、ISO-100 24mm(35mm換算/38mm)

wzm01

CANON EOS X4 ダブルズームキットに付属していた
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS f/3.5、0.8秒、ISO-100、23mm(35mm換算/36.8mm)

合わせようと思いましたが焦点距離が1mmズレました。(^^;

efs24mm04

左がEF-S24mm F2.8 STM / 右がEF-S18-55mm F3.5-5.6 IS

EF-S24mm F2.8 STMの方が絞り値が1/2段開いているので、
シャッタースピードが速くなっています。

レンズの絞りを1段絞ると光の量は1/2、1段開くと光の量は2倍。
シャッタースピードも1段刻みで、光の量が1/2、2倍になります。

今回はISO-100固定と焦点距離を24mmと揃え、絞りは開き、
露出ステップが0となるようにシャッタースピードを調整しています。

室内ではあまり変わりませんね。(^^;

50mm01

これは1万円でお釣りのくる単焦点レンズ EF50mm F1.8 IIで撮ったものです。
f/1.8、1/5秒、ISO-100、50mm(35換算/80mm)

55mm01

EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS f/5.6、2.5秒、ISO-100、55mm(35mm換算/88mm)

CANON EOS X4 ダブルズームキットに付属していたレンズと
1万円で買える単焦点レンズの違いもそう変わりません・・・
と書こうと思ったら EF50mm F1.8 IIの方が色がのっていますし、
F値の違いから被写界深度に差が出て、背景が綺麗にボケてます。

おそるべし1万円レンズ。(^^)

efs24mm05

EOS Kiss X4とEF-S24mm F2.8 STMで撮った散歩風景。

f/7.1、1/200秒、ISO-100 24mm(35mm換算/38mm)

efs24mm06

f/7.1、1/250秒、ISO-100、24mm(35mm換算/38mm)

関西では最近、曇り空が多いですね。

canon201504

普段使っているEOS Kiss X4とスペア用のX5。
主に天体望遠鏡とセットや星空撮影に使っているキヤノン軍団。

pentax20150401

散歩で使っているレンズ交換できるコンデジQ10と
主にインターバル撮影に使っているK-30。

ペンタックス軍団。

楽器もカメラも全て初心者用であるところがミソです。(^^)

 

-・写真/カメラ/天体望遠鏡