・写真/カメラ/天体望遠鏡

カメラクリーニング

cm20150901

ひとシーズンが終わったので一眼レフカメラのクリーニングを行いました。

取り付け可能なレンズにはレンズプロテクターを装着しています。

星を撮るときは夜露での汚れ、流星群を撮るときはインターバル撮影で
数時間撮り続けることが多いので虫の激突なども時々起こります。

極めつけは愛犬の鼻水なのですが・・・・。
寄って来すぎだろ。(^^;

私の用途ではレンズプロテクターは必需品なのです。

cmosc201501

いつものメンテナンス用品です。
これにシュポシュポとクロスを使っています。

エツミ ローパスフィルタークリーニングW E-1675

カメラを天体望遠鏡で使うとき、どうしてもカメラが上向きになるので
イメージセンサー(ローパスフィルター)にゴミが付きます。

そんなときローパスフィルタークリーニングキットは重宝します。

cm20150902

ついでにカメラ本体のレンズマウンタ周辺やレンズフード、
太陽撮影用フィルター星の撮影用に買ったソフトフィルター
赤外撮影フィルターなどもクリーニング。

ed25cac05

クリーニングが終わったあとは
防湿庫(オートドライ/デシケーター)に収納です。

ed25cac02

東洋リビングのED-25CACを使っているのですが、
この電子ドライユニットは、脱臭・抗菌・防カビ・
浄化機能を持つ光触媒機能付き。

しかも電気代1日1円以下なのです。(^^)

このデシケーターにはコンデンサ型マイクも入れているので
もう少しサイズの大きな機種にしておけばと後悔しています。

最初はこんなに増える予定ではなかったのです。(^^;

CANON EOS Kiss X4が故障して手元に戻るまで1ヵ月。
その間に天体イベントがあるのでどうしても撮りたくて
CANON EOS Kiss X5をポイント等を利用して安価に購入。

天体望遠鏡とセットで使うときは入門用デジイチの方が
もったいなくなくて良いのです。

冬は夜露や風埃にさらされますから。

カメラ本体だけで星を撮るにはEOS KissX4/X5では
少々物足りないところがあります。

それはカメラ単体でインターバル撮影できないこと。
メーカー純正のリモートタイマーコントロールも使えません。

社外品のTC-1などを探すしかないのですが、
設定変更などの煩わしさや暗闇での使い勝手が悪く・・・。

そこでPENTAX K-30が在庫特価だったので購入しました。

カメラ単体でインターバル撮影できることと、
オプションのGPS UNIT O-GPS1を使えばある程度の時間
星を追尾することが購入の決め手でした。

あとはインターバル撮影も可能な小さなサブ機として
レンズ交換式のコンデジ PENTAX Q10が増えました。

これも新機種が出た後だったので在庫限りの格安でした。

そんなこんなでいつの間にか増えていったデジタルカメラ。
パターン的に型落ち機種で「在庫限り特価」というものに弱いようです。(^^;

zr85004

最後に散歩とブログ写真で使っているCASIO EX-ZR850

デスク横のヘッドホンが掛かっているポールに
いつもぶらさがっています。(^^;

 

-・写真/カメラ/天体望遠鏡