・DAW

AudioWarpでリズム修正

2014/10/17

Cubaseの機能「AudioWarp」の使い方です。

リズムが狂った箇所をエディットして「無かった事」にします。(^^♪

では、トラックの録音したデータをクリックして
サンプルエディターを起動しましょう。

Cubase AudioWarp サンプルエディタ
上の図の真ん中チョット右。ズレてます。

Cubase AudioWarp サンプルエディタ
拡大したらこんな感じ。ではディットです。
AudioWarpからフリーワープを。

Cubase ワープ編集
「ここから前は修正しない」ポイントをクリックします。

Cubase オーディオタイミング修正
「ここからがリズムが狂っている」と言うところをクリックします。

Cubase オーディオタイミング修正
「ここから後ろは大丈夫」と言うところをクリックします。

Cubase オーディオタイミング修正
それから真ん中のラインをマウスで修正したい位置まで移動させます。
これでタイミングが合いました。

Cubase AudioWarp エディット後
今回は、修正したいところを「間延び」させて修正しました。

応用で、
1.ここから前は修正しない
2.ここからがリズムが狂っている(始点)
3.ここまでがリズムが狂っている(終点)
4.ここから後ろは大丈夫

この4本ラインにすれば、間延びさせないで
タイミングのズレを修正できます。

このラインは何本でもOKなので、複数箇所のの修正も
ラクラクです。

私は素人なので、見栄を張らず使いまくりです。(^^♪

ギターソロの細かな修正に使うことが多いですが、
ボーカル修正にも重宝するのではないでしょうか。

-・DAW