・DTM機材

audio-technica ATH-MSR7

audio-technica ATH-MSR7

audio-technica ATH-MSR7 BK

2014年11月14日に発売された密閉ダイナミック型ヘッドホンで
メーカーでは「オーバーヘッド(アウトドア)」に分類されています。

ATH-MSR7

モニター用にするかリスニング用にするかで迷った結果、
ATH-A900の替わりなのでリスニング用としてATH-MSR7 BKに決めました。

購入時に検討したヘッドホンは選択肢の多いヘッドホンで、
実際に店舗で視聴した感想はヘッドホン4機種で思案中で書いています。

少し聴いてみましたが、店舗での視聴より自宅の方が静かなので、
アタックもよく聞こえますし、リバーブの奥行き感も良い感じです。
自分で作った曲も少しだけ良く聞こえました。(^^)

ATH-MSR7 BK

ATH-MSR7は豪華なパッケージに入っていました。(^^)

ポータブルヘッドホンATH-MSR7

オーディオテクニカ ATH-MSR7の仕様は

ドライバーユニット
45mm
最大入力
2,000mW
インピーダンス
35Ω
音圧感度
100dB/mW
再生周波数帯域
5~40,000Hz

 

msr705

付属品は脱着コード:片出し1.2m、片出し3.0m、
スマートフォン用コード片出し1.2mとポーチ。

msr709

コードはステレオミニプラグで片側は全てL型になっています。
標準プラグで使用する場合は別途変換プラグが必要です。

ヘッドホンコードはポータブルヘッドホンということもあって細めです。(^^;

msr707

オーディオテクニカのサイトでATH-MSR7は
ポータブル/オーバーヘッド(アウトドア)に分類されていますが、
モニター用として使っているSHURE SRH840と比較して一回り小さいくらい。

msr708

ATH-MSR7のサイズは聴かない時に手荷物になると思うのですが、
最近は大きめのヘッドホンを外で使っている人も多いのでしょう。

ATH-MSR7

ATH-MSR7は店舗価格で2.6万円前後。

少々高い買い物でしたが修理に関してもメーカーに出せば、
イヤパッド交換(左右) (税抜)¥3,500
ヘッドバンド交換 (税抜)¥11,500
ドライバーユニット交換 (税抜)¥5,500~¥8,000

自分で交換する場合、イヤパッドは左右一組で (税抜)¥2,500。

ケーブルが断線などして別途購入する場合、
ヘッドホンコード BK(1.2m) (税抜)¥1,000
ヘッドホンコード BK (3.0m) (税抜)¥1,500
スマートフォン用コード BK (1.2m) (税抜)¥3,000
ポーチ (税抜)¥1,500

購入時の付属品も別途単品で購入することができますし、
修理代金もそんなに高くないので長く使えそうです。

ATH-A900

そういえばATH-A900もパッド交換したり修理したりしました。

msr711

ATH-MSR7 にはBK(ブラック)の他にGM(ガンメタリック)カラーもあるので、
イヤーパッドを交換するまで使ったらGM色用のパッドにしてみましょうか。

たぶん似合わないと思いますが。(^^;

-・DTM機材