・DTM機材

AKAI EWI USB

2014/11/17

AKAI EWI USB

2014年3月に惜しまれつつ販売が完了したAKAI EWI USBが
2014年11月21日に再販売されることが決定したようです。

ウインドシンセの記事でウインドシンセ、
コントローラーについて現在発売されている
各メーカの機種について書いていますが、
EWI USBは既にディスコンであったため
詳細は記載していませんでした。

そこで今回はEWI USBにスポットをあててみます。


EWI USBの運指はリコーダ、サキソフォンに準拠したEWI方式、
サキソフォン方式、トランペットに準拠したEVI方式、
フルート方式、オーボエ方式の5種類から選択できます。

AKAI EWI USB

気になるセンサー部分。

マウスピース部は
ブレス(エアプレッシャ・レベル方式)と
バイト(プレッシャ・レベル方式)

この部分は上位機種であるEWI4000sw(99,565円)と記載は同じです。
ノートキーはタッチセンサ方式でこれもEWI4000swと同じ。
更に上位機種のEWI5000も同じです。
オクターブ・ローラはタッチセンサ方式で5オクターブ。

EWI4000sw、EWI5000ではタッチプレートと合わせて
8オクターブなのでここは少し見劣りするところです。
ベンド・アップ&ダウンはタッチセンサ方式です。

EWI USBはブレスセンサ、リップセンサ、タッチセンサで
音程のアップダウン、音量の強弱、ビブラート、
タンギング奏法が可能とありますが、上位機種である
EWI4000sw、EWI5000にはこれに加えてグライドの記載があります。

 

GARRITAN ARIA

上位機種は音源が内蔵されたウインドシンセであるのに対し、
EWI USBはソフトシンセ「ARIA」がバンドルされる
ウインドコントローラとなっています。

バンドルされる GARRITAN ARIA は82音色のソフトシンセ。

サックス11、クラリネット6、フルート3、ダブルリード3、
ホーン7、トロンボーン5、トランペット8、チューバ1、スーザホン1、
チェロ2、ダブルベース2、ビオラ1、フルストリングス1、
チャイム2、グロッケン2、ハンドベル2、シロフォン1、
他にシンセ22音色。

気になるのはARIAの動作環境です。

メーカーサイトの記載ではWindowsでXP/Vista、
Mac:OS X(10.4以降)とあります。

Windows7/8/8.1や64bit環境ではどうなのでしょう。
購入の際には事前に下調べが必要です。

追記:後日確認したところ、ARIAの動作環境は
WindowsXP~8.1との記載に変更となっていました。

ウインドシンセやコントローラーは高価なものでしたが、
EWI USBが再販売されることになり、空白だった入門用の
価格帯に選択肢ができました。(^^)

-・DTM機材