・VSTプラグイン

AI/LEを強化する 2

2014/11/04

昨日からの続きでCUBASE AI6/LE6等のバンドル版を
強化するためにプラグインを補強していきます。

ぜひ昨日の導入準備、「AI/LEを強化する1」から読んでくださいね。

TLs Pcket Limiter
超簡単設定のTLs Pcket Limiter
このブログでも紹介したことがあります。
http://hem.bredband.net/tbtaudio/からどうぞ。

ページ上部にThe Archiveというリンクがあるので、
そこをクリックします。new-tbt-vstpluginsの中にあります。

ZIP形式で圧縮されています。
解凍後のファイルは2つ。
プラグイン本体は[TLs-Pocket_Limiter.dll]です。
あとは昨日の記事と同じ流れなので省略します。

TLs Pcket Limiterはプリセットこそ用意されていませんが
設定は非常に簡単です。耳を頼りにノブを回しましょう。(^^)

George Yohng's W1 Limiter
次は George Yohng's W1 Limiter
WAVES L1 Limiterをリバースエンジニアリングすることなく
作成されていますが音は正にWAVES L1 Limiter。
http://www.yohng.com/からどうぞ。

ZIP形式で圧縮されています。
解凍後のファイルは2つ。
32bit版と64bit版になるので必要な方を使用します。
あとは昨日の記事と同じ流れなので略。

非常に簡素な見た目ですが3つのバーで設定します。
そのままで良いでしょう。(^^)

完成した曲をメディアプレイヤー等で再生したとき、
旧Windowsのカーネルミキサーを通るとリミッターが働き、
音が変化するのを回避するため、上と真ん中の設定を
-0.2dBにすると良いと思います。

これは最終トラックのリミッター設定の全般に言えることです。

こんどはマキシマイザーです。
CUBASE AI6/LE6ともに付属していません。

TLs Maxmizer
私は比較的良く使っているTLs Maxmizer
最終トラックに使用するよりは個々のトラックで使用しています。

例えばピアノの中低域を豊かにしたり
アコギの箱鳴りを強調したりです。

http://hem.bredband.net/tbtaudio/からどうぞ。
ページ上部にThe Archiveというリンクがあるので、
そこをクリックします。old-tbt-vstpluginsの中にあります。

ZIP形式で圧縮されています。
解凍後のファイルは2つ。
TLs_Maximizer.dllがプラグイン本体です
あとは同じ流れなので略。

プリセットは用意されていませんが、
そのままでもいい感じです。

プラグイン左角のEQという部分をクリックすると
ボディ、ベース、ミッド、ハイのそれぞれの効き具合を
コントロールできます。

LoudMax
ブリックウォールタイプのマキシマシザー LoudMax
32bitと64bit版が用意されています。
http://loudmax.blogspot.jp/からどうぞ。

ZIP形式で圧縮されています。
解凍後のファイルは1つ。
これをvstフォルダに移動しましょう。

プリセットこそ用意されていませんが、
非常に使いやすく人気の高いプラグインです。

あとはディレイでしょうか。CUBASE AI6/LE6には
ステレオディレイがないので足しておきましょう。

Retro Delay
慣れれば面白い Retro Delay
http://www.e-phonic.com/からどうぞ。

ZIP形式で圧縮されています。
解凍後のファイルは4つ。
RetroDelay.dllをvstフォルダに入れます。

factory.fxbはプリセットファイルなので、
Retro Delayを起動して読み込みます。

Twin Delay VST
簡単なのはTwin Delay VST
http://www.rhythm-lab.com/からどうぞ。

ZIP形式で圧縮されています。
解凍後のファイルは4つ。
Twin Delay.dllをvstフォルダに移動します。

テンポに連動した設定も可能で簡単です。

bc_20130722160234.jpg
後は Blue Cat's Freeware Plug-ins Pack II も便利です。
Chorus、Flanger、FreqAnalyst、Gain Suite、Phaser、
Triple EQの6つのプラグインがあります。

見た目も綺麗ですし。(^^)
http://www.bluecataudio.com/Products/Bundle_FreewarePack/
Win、Mac、Protoolsなど殆どの形式に対応しています。

このブログでも紹介したことがあります。
さて、長くなるのでこれくらいにしておきましょう。(^^;

最後に・・・
どれもフリープラグインですが、
導入は自己責任でお願い致します。
ウェブ上でのリスクやウイルス等のセキュリティ面、
PCやDAWに起こりうる全ての不具合について、
私は一切の責任を負いません。

-・VSTプラグイン