・DAW

64bit版へ移行

2014/10/17

少し前に我が家のメインPCの
CubaseStudio5を64bit版へ以降しました。

Cubase 64bit
環境は、
Windows7 64bit,メモリ6GB,
システムドライブ SSD40GB*2_RAID_0(計80GB)
データドライブ1TBです。

VST関連の情報ですが、VST Bridgeを多様すると
ASIOパフォーマンスメーターが32Bit版に比べ上昇し、
プツプツとなります。あくまで「多用」です。

VST Bridge を使用しているプラグインを調べるには、
上のキャプチャにあるVSTチェンネル設定で確認します。

VST Bridgeを使用しているVSTの見分け方
プラグイン名に何も「印」が付いていないプラグインは VST Bridge を
使用していません。

赤が指しているPOD Farm2にあるようなマークは、
公式HPにもあるようにVST Bridge を必要とするプラグインです。

また、青が指している「///」マークのプラグインも VST Bridge を
使用するプラグインです。

もし、Cubase5シリーズの64Bit版を使用していて再生に不具合を
感じる場合は、赤の指しているマークの VST Bridge プラグインを
外してみましょう。

プラグイン情報は、起動時に読み込まれていますが、
VST Bridge 機能はプラグインを使用しなければ動作しません。

青が指しているマークのプラグインですが、さすがに標準で
付属するものなので、様々な検証を経てリリースされているので
大丈夫でしょう。

ASIOパフォーマンスメーターが、常に高いレベルを示すようなら
チャンネルのフリーズ機能を利用するのも手です。

-・DAW