・DAW

音色の配置

2014/10/21

今回はトラックダウンする時の音色配置について。

音色配置イメージ
私の基本的な音色の置き方は上の図のようになります。
ざっと作りましたので、音色モデルの大きさや形は無視してください。

音色配置イメージ
私のよく使う手法は、
・エレキギターの壁を左右に作る。
・ベースはキックドラムの前にくるように。
・ハイハットのアタックの上にアコギのストロークアタック。
・シンセ1、2の代わりにギターのオブリを入れることもある。
・パッドは奥で広く深く鳴らす。

基本こんな感じで配置しています。
ここから、各音色の分離が良くなるように修正を掛けていきます。

音色配置イメージ
高さを周波数と見るとこんな感じになるのでしょうか。

ボーカルを入れる時は、Syn1とSyn2間より若干前よりを想定しています。

いつも鳴っている音色ばかりではないですが、
全てを描くとゴチャゴチャとした感じになってしまいました。

最終的に真正面から見て、すべての音色が見えるようにイメージしながら、
各トラックの音量や定位、残響を加えています。

音色の配置
重なって見え難い音色ができたら、
EQで音の高さを変えて重なりを解消する。

音色の配置
こうすれば、音量を変えなくても良いので
全体の音量バランスからやり直さなくてもよい場合が多いです。

こんなことを頭の中でイメージしながら、
定位や音量、残響の設定を修正しています。

実際は、DAWのミキサー画面と格闘したり、
VSTeを使って各音色の周波数を見ながら、
なるべくピーク成分が重ならないようEQと格闘しています。

そして、私の場合はその格闘に勝つことはないので、
負けた時点で曲が完成となります。(^^;

すごく抽象的な説明となりましたが、音を「絵」としてアプローチすると、
何か今までと違う発見や手法が見つかるかもしれません。

今回はそんなお話でした。
何かの参考までに。

-・DAW