・DTM機材

録り終えて

2014/10/31

at4040.jpg
昨日の「Requiem~New Take~」で歌を入れたのは2回目になります。

TASCAM TA-1VP
しかし結局、TASCAM TA-1VP はプリアンプのみの使用でした。(^^;

少々もったいない感じもしますが、UR28Mのプリアンプとは違って
温かめな音に感じるので個人的にはこちらの方が好きです。

vo1.jpg
ボーカルトラックの設定です。
ここのコンプレッサーで音量を揃えてFXチャンネルに。

FXチャンネルでは揃えた音量のアタックだけ若干潰して
リバーブを掛けています。

自分の声は違って聞こえるものですが、
多分これが私の知らない私の声なのでしょう。

ダブルトラックをデータコピーを使わずにもう一度歌ったり弾いたり、
コーラスもマイクと口の距離や、壁との距離を変えながら複数録って
厚みを出そうとしているうちに70トラックも使っていました。(^^;

mixjpg01.jpg
mixjpg002.jpg
参考になるか判りませんが、各トラックのEQの設定と
使用したエフェクトを掲載しておきます。

画像をクリックして別画面で拡大表示すると
詳細が見えると思います。

アップロードサイズの上限で画像を粗くしてサイズを
小さくしているので少し見にくいかもしれません。

サビの部分ではメインパートとコーラスパートで
述べ10人のMOMODONが歌っています。(笑)

また、フェーダーが下がっているトラックは、
不必要な箇所では無音となるようにオートメーションを
使用しているトラックと、そのトラックの音をFXトラックに
丸投げしているトラックのどちらかです。

この曲はYOUTUBEで映像に古いシネマエフェクトを
掛ける事を前提としていたので、音はハイファイとせず、
少々曇った古い感じの音を狙って最終トラックでも
高音域を下げています。

何かの参考までに。

-・DTM機材