・写真/カメラ/天体望遠鏡

赤外線の世界

2014/10/10

ir003.png
赤外写真を撮影してみました。
使用したフィルターはKenko PRO1D R72 です。

ir005.png
可視光線をフィルターでカットして
カメラのローパスフィルター(LPF)から
僅かに外れている赤外線を撮影しています。

ir004.png
日陰と日向では赤外線量が大きくことなるので
明暗のコントラストが大きい写真となります。

ir002.png
Canon EOS X4(EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS)
f/3.5、露出時間2.5秒、ISO3200、露出補正0ステップ、焦点距離18mm。
ISO400ではシャッタースピードは10秒でした。

ir001.png
これは赤外撮影ではなくカメラのモノクロモードです。

モノクロ撮影では木の葉の緑が「黒」であるのに対して、
赤外撮影では「白」で写っているところが大きな違いです。

通常、赤外撮影は赤外線フィルターを付けてモノクロで撮影します。
モノクロではなかったらどんな写真になるのでしょうか。

ir06.png
カラーモードで赤外線フィルターを通した撮影では
このような色合いに撮影されます。赤外線の世界です。

ir07.png
赤外撮影した写真をセピアにすると、
通常撮影をセピアにしたものとは異なるものになります。

初めての赤外撮影。
初心者なので上手く撮れてませんがご容赦を。(^^;

ここからは今日の散歩ダイジェスト。

fl001.png
fl002.png
fl003.png
fl004.png
fl005.png
fl006.png
fl007.png
fl008.png
fl009.png
fl010.png
よく歩いた一日でした。(^^)

-・写真/カメラ/天体望遠鏡