・徒然なる日常

素数

2014/10/27

素数というものがある。

2.3.5.7.11.13.17.19.23.29.31・・・・
素数とは1と自分自身以外に約数を持たない数字である。

1は自然数でないとされてたので、自分自身しか約数を持たないのである。
かなり孤独な数字である。

しかしどんな数字であっても素数の積で表わすことができるのだ。

例えば12という自然数。
12=2*3*2

これを素因数分解というが、一通りしかないのである。

素数ゼミと呼ばれるセミがいる。

通常のセミより長いサイクルで成虫となり、
13年、17年という素数の周期を持ったセミである。

なぜこの様な生態になったかというと交雑を防ぐためと言われている。

成虫になる周期が他の種のセミと同じであれば、
長い年月の間に交雑が進むのである。

交雑が起こると生物学的には先細りになると言われている。

種の保存の為にこのセミは比較的長い素数の周期で
成虫になる道を選んだのであろう。

素数も素数ゼミも他の自然数や他の種のセミを
羨んではいないだろう。

孤独だと書いたが実は孤独ではなく自立なのかも知れない。

誰かと自分を比べてもしかたない。
かといって何もしないというのも良くない。

自分が自分を好きであり続けるために、
自分の力で立つことに最大の努力を惜しんではならない。

そうすれば等身大の自分を好きになれるのだろう。

言い訳なんていつでも出来る。
いつでも出来ることを今する必要はない。

今するのは今しなければならない事だけなのだ。

今日が昨日の繰り返しであってはならない。
明日が今日の繰り返しであってはならない。

鏡の中の君よ。俺はお前を嫌いじゃない。

-・徒然なる日常