・徒然なる日常

溢れる涙。

2014/11/03

efp.jpg
先日の「energy flow」・・・実は原曲を最後まで聴いたことはありません。
昔のTVCMで流れていた時の記憶だけです。

時が過ぎて再度聴きたくなったのですが、
CDを買わずに何故か楽譜を買いました。(^^)

弾く時もYOUTUBEで聴こうと思えば誰かの弾いている
動画を見聞きすることができるのでしょうが、
それもしていません。

単純にCMで聴いたモチーフの
イメージの延長だけで作っています。

なので曲中のテンポとか雰囲気は
原曲と大きく異なるかもしれません。

電子ピアノを使ってVSTiで鳴らしていますが、
ギターでいえばジャランと弾く箇所などが
気に入らなかったのでMIDIデータを修正しました。

128分音符レベルで修正したのですが、
曲のテンポがゆっくりなので機械的に
聞こえるようになってしまいましたが、
それでもマシになった方なのです。

クオンタイズも変になった原因ですが、
掛けないよりはこれもマシだったのです。(^^;

私の電子ピアノは1ペダル(サステイン)だけです。
これも影響しているのでしょうか。

3ペダルが欲しいです。

MIDIでペダル情報を足せば良いのでしょうが、
無いものを足すのは反則と思って足していません。

データの修正もクオンタイズも反則といえば反則なのですが。(^^;
よっていつものことながら限定公開なのであります。

energy flow

直訳すればエネルギーが流れるとか溢れる、循環するでしょうか。
一口にエネルギーといっても人間には喜怒哀楽があります。

私の思うエナジーフローは「涙」でした。

哀しみのエネルギーが溢れたと捉えたのですが、
四字熟語でもあるように哀しみの次に来るのは「楽」です。

「楽」は木にはった2本の弦を爪で弾いている文字の省略形で、
弦を弾き奏でる意味を持ちますが、別の意味も持っています。

楽しむもそうですが、「ゆたか」「やすらか」も含んでいます。
哀しみの次にあるものは「やすやかな気持ち」なのでしょうか。

喜怒哀楽。

生まれてきた喜び。
自我の芽生えによる他者への怒り。

人生半分も生きれば別れの哀しみがあります。
その最たるものが両親との別れでしょうか。

そして自分の人生の最後にあるべきものは、
やすらかさなのでしょう。

・・・・ギターを普通に弾きたい。

-・徒然なる日常