・徒然なる日常

怪我の功名

2014/10/31

天国か地獄か(2011/11/08)で指を怪我して楽器が弾けないと書きました。

最初は小さい怪我から細菌感染症を
起こしているのかと思っていました。

実は指先や第一関節、第二関節付近に
肉芽腫の様なものが繰り返し出現します。

999.jpg
皮膚の中にパチンコ玉を埋め込んだように腫れます。
写真はまだ発育途中の段階で更に2まわりくらい大きくなります。(^^;

そして最近ではいとも簡単に発生します。
今のところ原因は不明。

しかも何故に左手だけ?(笑)

1つ出ると大きくなって治るまでに約2ヶ月。

これが連続発生するので発生場所によっては
ギターが弾けません。(^^;

よってバリバリフレーズのギターは
昨年末より弾いていません。

人差し指以外の第二関節、第三関節で出来始めか
治りかけの時だけ少しギターを弾くことができます。

指先や指の腹にでた場合は無理。(^^;

昨日のメイビーブルーも中指を使わずに弾いたので、
Aメロベースの運指が間に合わず少々スライド気味になってます。(^^;

ということで、先日のエレガットや昨年の11月以降に
購入したギターは、軽くしか弾けていないのが現状です。

急に楽器が増えたのも弾けないストレスかも知れません。

めずらしく。(2012/07/16)で手袋でギターを弾いていたのも、
本当ははB.Bクイーンを意識しているのではないのです。

チョット激しいフレーズの曲を弾こうと思って
睡(2012-03-05)を録音してみましたがソロが無茶苦茶です。(^^;

まぁ、指が腫れて曲がらないのだから無理もないのですが。

自覚は全くありませんが、歳とともに老化と変化が
体の中で起こり様々なバランスが崩れているのでしょう。

ということは、ある程度老化が進めば落ち着くか。

また、指先が曲がらないので、
自然なフォームで鍵盤を押さえられるようになったり、
いつもより少ない指数や普段はやらない運指でギターや
ベースを弾くので何気ないフレーズがトレーニングになります。

これはこれで非常に面白いのです。(^^)

何があってもタダでは起きません。

治った頃には綺麗な鍵盤フォームが完成し、
ギターやベースのストレッチフレーズも
苦ではなくなっているでしょう。(^^)

-・徒然なる日常