・DAW

心配だ。

2014/10/11

ROLANDの子会社であるCakewalk社の
全株式がギブソンに譲渡されるようです。

Cakewalk社の99.99%の株式はROLANDが保有しており、
その全株が10月31日までにギブソンに譲渡されると。

また、ギブソンは今年5月にTEAC社の株の54.6%を
公開買付けし、筆頭株主となり子会社化しています。

TEACのサイトではでCakewalk社製品を
「TASCAM Professional Software」という
新ブランドで展開する予定と発表していました。

今後はTEACのTASCAM新ブランドで
Cakewalkを展開することになるようです。

そこで疑問に思うことが一つ。

これまでTASCAMのオーディオインターフェイスには
Windows/Macの両方で使用できるマルチプラットフォームの
CUBASE LEがバンドルされていましたが、
SONARがバンドルされるとなるとWindowsのみの対応となります。

Macユーザーがタスカム製品を
選択する機会が減るような気もします。

TEACにとって良いのか悪いのか。(^^;

SONARの今後の展開も気になりますし、
ギブソンの考えもイマイチ判りません。

SONARのような製品が欲しかったなら、
ギブソンは1998年にOpcode社を買収し、
Studio Visionを手に入れています。

しかし翌年、ギブソンの諸問題によってVisionはなくなりました。

4大シーケンサー(Performer、Vision、Logic、Cubase)と言われた
当時のNo.2を潰しておいて、なぜに今更とも思います。

あれだけユーザーがいたのに。

ROLANDもCakewalk社の経営難があったにしろ、
何もギブソンでなくても。

アップルにロジックがあるように、
マイクロソフトが介入してWindowsにSONARを・・・・

あかん、CUBASEがあかんなる。(^^;

ギブソン系のギターは好きですが、
それでもこの件はギブソンでなくても・・・。

TASCAMのMacユーザーも減るでしょうし。

まさかWindowsはSONARでMacは満を持して
Studio Vision復活!!!!!!!

なんてこともないでしょうし。

TASCAMはLINE6製品の国内サポートを担当していますし、
マイクプリアンプのTA-1VPとUS-144MKIIを使っているので
今後の展開が気になります。

-・DAW