・作曲/理論/音響

床の遮音性

2014/10/15

先日より楽器の音圧やマンション等における壁の遮音性
床面の積載荷重について書いてきました。

共同住宅
壁の遮音性については前回書いたとおりですが、
今回は床の遮音性です。

私は弦楽器と鍵盤楽器を主に弾くので、
DTMをするときに床面の遮音性はあまり重要でないのですが、
サイレントドラム(YAMAHA DTXPLORER)を叩くときは下階に
配慮が必要ですし、快適な生活環境や近隣に迷惑を掛けない
ためにも知っておく必要があると思い記録しておきます。

まさに、自分の為の備忘録です。

共同住宅
床の衝撃音に関する遮音性能を示す値として、L値があります。
Floor Impact Sound Levelが正式名です。

ちなみに空気を伝わる(伝搬)振動はD値です。
Sound Pressure Level Differenceが正式名です。

壁や部屋の遮音工事、防音ルームでD値は登場しますね。

床衝撃音の等級L値は2種類に分かれます。
LL値とLH値です。

LL値はL値のLight Weight、LH値はHeavy Weightです。
値は小さいほど遮音が良いです。

LHは重量衝撃音なので、足音や子供などの飛び跳ねる音で聞こえる
「ドン、ドン」といった低音が対象です。

LLは軽量衝撃音なので、玩具や物を落とした音や、椅子などで聞こえる
「コン、コン」といった中高音が対象です。

具体的には、
【重量衝撃音】
L-60/よく聞こえる
L-55/聞こえる
L-50/小さく聞こえる
L-45/聞こえるが意識する事は少ない
L-40/かすかに聞こえるが、遠くから聞こえる感じ

【軽量衝撃音】
L-60/かなり聞こえる
L-55/気になる
L-50/聞こえる
L-45/小さく聞こえる
L-40/ほとんど聞こえない

【生活環境】
L-60/スリッパの音が聞こえる、お互いに我慢できる程度
L-55/イスの音がうるさく聞こえる、注意すれば問題ない
L-50/イスの音が聞こえる、やや注意が必要
L-45/小さな玩具を落とした音が大きく聞こえる、少し気をつける程度
L-40/生活している気配はあるが気にならない、気兼ねなく生活できる

これらは日本建築学会により推奨されており、
マンションではLL-45、LH-50を推奨しています。

共同住宅
重量衝撃音を高める工法について少し。

RCスラブに床材を貼るのが「直貼り床」
スラブと床材の間に緩衝材の入れる工法が「二重床工法」

二重床工法のうち、
スラブと床材の間に断熱材やモルタル、
発砲スチロールまどを入れるのが「浮床」、
ゴム材の上に支持ボルトを設置し、その上に床を張るのが「置き床」、
電車のレールのように枕木の上に床を張るのが「根太」です。

使用している緩衝材にもよりますが、
一般的に浮床が遮音性能が高いといわれています。

平成12年(2000年)に施行された法律で、
通称「品確法」と呼ばれる住宅の品質確保の促進等に関する法律では、
「住宅性能表示制度」が定められており、第三者機関によって評価を行ない
評価証を交付することとなっています。

施行当初は新築のみでしたが、平成14年(2002年)より中古物件にあっても
この制度が適用されています。

住宅性能表示は10分野30項目であり、このうち遮音性能については、
重量衝撃対策、軽量衝撃対策、透過損失等級(界壁)、透過損失等級
(外壁開口部)の計4項目です。

外壁開口部の透過損失以外は共同住宅のみ評価されます。

評価証には、設計の段階で交付される「設計住宅性能評価書」と
完成の段階で交付される「建設住宅性能評価書」の2種類あります。

なお、設計住宅性能評価書の交付がないと建設住宅性能評価書の
交付を受けることができません。

共同住宅における性能表示は等級が用いられ間ます。

【等級5】LH-50/LL-45
【等級4】LH-55/LL-50
【等級3】LH-60/LL-55
【等級2】LH-65/LL-60

等級が高いほど快適な生活環境であるといえます。

共同住宅
先日より楽器の音圧や界壁の遮音、
そして今回で床面の遮音について書いてみました。

何かの参考までに。

-・作曲/理論/音響