・徒然なる日常

前途遼遠

2014/11/04

まず、ピッチが不安定で途中で嫌になります。
最後までいかない理由です。

何の話かといえば歌の話です。(^^;

仮にそこを我慢して最後まで録ると、
今度はトラックの作業で何十回も聴くことになります。

かと言って、TASCAM TA-VP1やCubase7のVariAudioで
ピッチ補正する気はサラサラありませんし。

絶対音感はありませんが、
相対的な音感なら持ち合わせているつもりなのですが
なぜピッチが不安定なのでしょうか。

どうやら傾向はあるようです。

頭をハズすとそのフレーズ全体が崩れています。
尾が外れるのは息が続いてないようです。

どちらも共通してピッチが下がる方向でズレています。

もう一つは慣れていないので、マイクとの距離や発音タイミング、
音程を気にして集中できていないことも大きな理由でしょう。

逆に高域では意識しすぎて上にズレています。
その後は疲れて後半グシャグシャっと崩れていくのですが。(^^;

また、私の最高音は調子が良くてG。
F#ならなんとか。でも歌詞によってはF#でも難しいです。

チョット窮屈。

そこで上達の方法を調べてみました。

・・・・自分の歌を聴くこと。
そうですか。そうですよね。。。。。

自分が聴きたくないものを公開するのは
何を意図としているのか判りませんよね。(^^;

実際に歌って聴いて確認する
ボーカルプリプロという手法もあるようです。

仮録りした複数のテイクからテイク・コンピングや
エディットを加えて「見本」を作り、それを聴きながら
本録りに向けて練習するようです。

自分の歌を手本とすることで、耳に馴染みやすく、
また、客観的に良い面、改善すべき点を判断する
力を養うということのようです。

この方法を取り入れるにしても、
私は「見本」すら完成するに至らない状況なので、
まずは「見本」を作ることからです。

聴くに堪えないレベルから脱却するのに
私はいったいどれくらいの時間を要しているのでしょうか。(^^;

-・徒然なる日常