・DTMパソコン

再セットアップ

2014/10/31

pc03.jpg
最近はDAWで多くのトラックを使うようになり、
PCの動作が少し重く感じられました。

CドライブにはシステムとDAW、そしてVSTiをインストールしているので、
多くのVSTiを使用する際にはアクセスが集中するのでしょう。

そこでシステムドライブとDTM関連のインストールドライブを
分けることにしました。昨年の状況に戻ります。(^^;

アクセスを分散させることで少しは改善するかもしれません。

pc01.jpg
CドライブにはINTEL SSD 520シリーズの120GB。
リード最大550MB/sec、ライト最大500MB/sec、非圧縮時リード550MB/sec、
非圧縮時ライト150MB/sec、Serial ATA 3.0 6Gbps、25nm MLC です。

DドライブにはCrucial RealSSD C300 シリーズの64GBです。

EのデータドライブはCドライブより移動したユーザーデータと
作成した様々なデータの保管領域です。
DAWで録音したデータもここに蓄積されます。

データドライブの中身は同じなのでWindows7とDTM関連や写真、
動画編集などのソフトをインストールすれば終了なのですが、
Windowsのセットアップの後は永遠とも思えるアップデートが
繰り返されるのでここで大きく時間を取られます。(^^;

忍耐を養うには丁度良いです。

全ての作業が終了するとAcronis True Image Home 2012 で
イメージバックアップを取ります。

次回からは同じ構成なら今の状態に直ぐ戻すことができます。

CPUにCore i7 2600k、メモリは12GB積んでいるので
アクセスが極端に集中しなければ快適です。(^^)

-・DTMパソコン