・DAW

内臓DSPが使えない?

2014/11/04

これはCUBASE側の問題なのかオーディオインターフェイス側、
もしくはWindows8.1環境の問題なのかでしょうか。

UR28M V2
オーディオインターフェイス UR28Mではファームウェア V2によって、
Guitar Amp Classicsというギターアンプモデリングを使用でき、
レイテンシーを気にすることなくドライ音を録音することができます。

DSP版のエフェクトは、録音時にモニターのみに適用
(録音データはドライ)かかけ録り(ウェット)かを選択可能なのです。

VSTプラグイン版も用意されているので、
録音時と同じ音をVSTプラグインを使用して再現もできます。

Guitar Amp Classics
これが私の環境では何故かCUBASE7.5から
UR28Mの内臓DSPを利用したGuitar Amp Classicsを利用できないのです。

UR28M FIRMWARE VERSION 2.0.0
dspMixFxを起動するとGuitar Amp Classicsは利用できます。
CUBASEのプラグインでGuitar Amp Classicsは利用できます。

何故かCUBASEのインプットチャンネルからUR28Mのハードウェア機能を
設定するところにはGuitar Amp Classicsが表示されないのです。

UR28Mのオペレーションマニュアル P24の記載のように出来ない。(^^;

入力はステレオバス1つにしているので、
Sweet Spot Morphing Channel StripとGuitar Amp Classicsを1つ、
そしてREV-Xが利用できるハズなのですが。

CUBASE7.5の動作環境はWindows 8.1
64-bit ネイティブ対応なので問題なし。

UR28MではTOOLS for UR28M V2.0.1で
ドライバとアプリがWin8.1に対応しています。

スタインバーグのサイト Windows 8.1 対応状況では、
UR28MのFirmware Updater 2.00について検証中との記載がありますが、
ダウンロードページのファームウェアアップデートV2.00での記載では
Windows 8.1での動作を確認と記載されています。

但し書きは TOOLS for UR28M を V2.0.0 以降にアップデートすること、
V2の新機能を使うには Cubase/Cubase Artist 6.5.5 以降、
Cubase Elements/Cubase AI 7.0.3 以降が必要だと。

もちろん、全てを満たしていますしeLicenserも現時点での最新です。
私の環境的な問題なのでしょうか。

試しにCUBASE7.0.6を起動してみましたが同じ状況でした。
ギターを録音するときはPOD HD500を使っていました。

この機能を使うことも無く今まで気づかなかったのか、
それとも何かのタイミングでこうなったのかは不明。

確かV2にアップデートした時に
確認だけはしたようなしなかったような。(^^;

ブログにも機能について書いていますし
たぶん確認をしているハズ・・・。

久々にサポートを受けてみましょう。(^^;

追記:サポートを受ける間もなく、
コメントを下さった方の方法ですんなりOKでした。(^^)

よく調べるとスタインバーグのQ&Aサイトに
「Guitar Amp Classicsが入力チャンネルの
インサートエフェクト欄に表示されません。」で
書かれていました。

よく調べないといけませんね。(^^)

解決です。
コメント下さった方、助かりました。
ありがとうございます。m(__)m

-・DAW