・VSTプラグイン

レガコレ64

2014/11/03

klc_64bit_support.png
KORG より2013年3月5日付でKORG Legacy Collectionの
64ビット版がついにリリースされました。

昨年の12月19日に、年内にリリース予定であった
KORG Legacy Collection 64bitの開発が、
当初予測を超えて困難な問題があり、
2013年の早い段階でリリースできるよう
開発を進めている旨のお知らせがありました。

M1を使っていた事もあり、非常に待ち遠しく思っておりました。(^^)

実機M1とソフトウェア版のM1については、
KORG M1 という記事で簡単に書いています。

KORG Legacy Collection 64ビット版に含まれる内容は、

ms20.gif
MS-20(4,980円)パッチ式アナログシンセ1978年発売

polysix.gif
Polysix(4,980円)プログラマブルアナログシンセ1981年発売

monopoly.gif
Mono/Poly(4,980円)4VCOアナログシンセ:1981年発売

m1.gif
M1(4,980円)ミュージックワークステーション:1988年発売

wavestation.gif
WAVESTATION(4,980円)シンセサイザー:1990年発売

mdex.gif
MDE-X 1,980円:ワークステーション・シンセ「TRITON」のエフェクト

これらのセット価格は19,980円(税込)ですが、
nanoKONTROL2に付いているM1-Leがあれば
アップグレード価格9,975円(税込)で購入できます。

Windows:
Windows7,Windows8 64bit環境にネイティブ対応
WindowsXP,Vistaでの32bit環境はこれまでどおり対応
スタンドアローンでは、ASIO,DirectSound/MME対応
プラグインでは、VST/RTAS対応

Macintosh:
MacOS X(10.6.8以降)、Mountain Lion(10.8)にも対応しています。
スタンドアローンでは、Core Audio対応
プラグインでは、AU,VST,RTAS対応
Intel Coreプロセッサとメモリ1GB以上なので
多くのPCに対応しています。

既に購入されている方は無償でアップデート可能ですが、
KLC-1 v1.0-1.1ユーザーはv1.2 Upgradeの購入が必要になるそうです。

購入方法はKORGの専用オンラインストアでの
ダウンロード販売になります。

私にとってM1は今でも使いたい音色満載なので、
待望の64bit版のリリースです。

しかし、今月はZOOM A3を買ったばかりなので、
来月のおこずかいで購入することにしましょう。(^^)

nanoシリーズやmicroKEYシリーズを購入して、
付属するM1Leからスペシャルバンドルを購入するのが
お得かもしれません。

microKEY-61には最初からKORG Legacy Collectionを
使用することが出来ます。

詳細はコルグのサイトで確認してください。
何かの参考までに。

-・VSTプラグイン