・映像/画像

モニタの面積と情報量

2014/10/18

いきなりですが、1インチは 2.54センチです。

今回は、モニタの大きさといっても表記上のインチではなく
ひねくれ者ですので「面積」について。

まず、モニタの大きさを表示するのにインチを使っています。
28インチのテレビとか22インチのディスプレイとか。

最初に注意点ですが、ブラウン管型と液晶型では
インチの計測方法が異なります。ここでは液晶について書いています。

書き出しに戻りますが、「1inch=2.54cm」
これを基に、縦横の長さを計算します。

計算にはピタゴラスの定理を使うと、
アスペクト比が 4:3なら 縦0.6 横0.8
アスペクト比が 16:9なら 縦0.49 横0.87 となります。

では、22インチ液晶を例にしてみましょう。

22インチ×2.54センチ×0.49(16:9 縦)=27.4センチ
22インチ×2.54センチ×0.87(16:9 横)=48.7センチ
面積は縦×横なので、1,334.4㎡となります。

モニタサイズ一覧 4:3
モニタサイズ一覧 16:9
表は小数点第2位を切り上げて以下を0表示にしています。

例えば、28型から32型に買い替えたテレビの液晶面積は 約1.9倍です。
32型から42型に買い替えた場合は、約1.8倍です。

これはあくまで液晶の面積の計算であって、表示する解像度とは別のものです。

例として22インチモニタで、
1920x1080を表示させた場合と1280x720を表示させた場合
1280x720の方が、文字は大きく見えますが、情報量は92万です。
1920x1080では、文字は小さく見えますが情報量は207万です。

特にパソコンのモニタを選ぶ場合、
表示面積の指標であるインチも大切ですが、
表示面積の中に表示できる情報量も確かめておく必要があります。

最近はパソコン用モニタも27-28インチが購入しやすい価格帯になりましたが、
表示できる情報量には差があるようなので、購入の際には確認しましょう。

-・映像/画像