・楽器/エフェクター

メインGメンテ

2014/10/25

夏が過ぎ、高温多湿や冷房での乾燥でギターも相当疲れています。
メンテナンス用品
夏の酷使によく耐えたと労いながら、ギターメンテナンスです。
使用するクリナーは昨年書いた記事に登場するものです。

エアースプレー
まずはエアースプレーで狭い隙間のホコリを吹き飛ばします。

ポリッシュ後
アリアプロⅡのスーパーブライトで普段は磨けない
ヘッドまわりを丁寧にポリッシュです。

ボディ艶出し
つぎにボディを汗汚れや曇りが無くなるまで磨き倒します。
細かなところは綿棒とつまようじを使用して綺麗にしましょう。

指板オイル塗布後
今度はフレットと指板のお掃除です。

ローズウッド指板用のオイルを使用して夏の渇きに潤いを。
ここまで終了したらネックの反りを確認して、必要なら調整します。
このIbanez j.COSTOM RG8270Fは大丈夫のようです。

エリクサー弦
ここから弦を張っていきます。
ハムバッキングギターにはエリクサーを使用しています。
ちなみに009-042のゲージです。

弦の巻き方
先日買ったギターマガジンでは下に下に巻くとありましたが、
私は1回上に巻いて後は下に巻いています。

この方がチューニングの狂いが少ないように「感じる」ので、
もう何十年もこの巻き方です。

ギターメンテナンス
ようやく弦を張り終え、チューニングも終わりました。
フローティングタイプのトレモロはチューニングが大変です。

さて、ここからオクターブ調整を行います。

そして最後にフィンガースプレー TONE FINGER EASE を
柔らかい布に吹きつけてから弦を軽く拭いていおきます。

直接弦にスプレーすると指板やボディがベタベタしますが、
この方法であれば付け過ぎ防止にもなって良いです。

アイバニーズ j.COSTOM RG8270F
一通りのメンテナンスが終了した
メインギター アイバニーズ j.COSTOM RG8270F の雄姿です。

購入後5年目だと記憶していますが、綺麗になりました。
ここまで約1時間でしたが少々疲れました。(^^;

-・楽器/エフェクター