・楽器/エフェクター

ピックアップ交換 3

2014/10/11

過去にHSHレイアウトの配線図(リンク付)と
ピックアップセレクターの動作(リンク付)について書きました。

今回は、ストラトキャスターなどの3シングル。
いわゆる3Sレイアウトの配線図です。

ストラト配線図01
前回の挿絵を使いまわしたのでゴチャゴチャしてます。(^^;

ストラト配線図02
ピックアップセレクターは「5WAY」ですので、
セレクタの動作とピックアップの接続は上図のようになります。

トーンポットには、0.047μFのコンデンサーとしていますが、
オールドではあまり使いません。

オールドは、0.1μFか0.05μFあたりで
'70sストラトは0.1μFだったような・・・記憶が確かではありません。(^^;

最近はシングル0.047μF、ハム0.022μFが良く使われているようです。

数値が大きい程、トーンを絞った時にモコモコした音になり
数値が小さいと明るいというか輪郭が残ります。

最近はセラミックコンデンサーを使ってますが、
昔は、オイルコンデンサーやフィルムコンデンサーを
使っていました。余程こだわらない限り入手しやすい
セラミックでも良いと「私」は思っています。

オレンジドロップ、ビタミンQ、バンブルビーに
ブラックビューティー等が有名どころです。

コンデンサーは数百円から買えるので、
数種類買って好みの音を模索しても面白いかも知れません。

また、ボリュームポット、トーンポットには500kΩと250kΩが
良く使われており、数値が大きいほど良く効きます。

シングルコイルは 250kΩ、ハムバッカーは500kΩが一般的です。

Aカーブ、Bカーブ
ポットにはカーブにAカーブ、Bカーブというものがあり、
上の図のようにAカーブはツマミの動作に対して直線的に
Bカーブは山なりの曲線となります。(聴覚上)

上の図は聴覚上のカーブを書いています。

実際のポットはBが直線の性質を持ち、Aが曲線の性質を持ちます。
これは抵抗の特性からみた曲線又は直線です。

AorBの選択は好みの問題ですが、
数値の大きなコンデンサとBカーブの組み合わせを選択すると
トーンポットを少し回しただけでかなりコモった感じになるので
ご注意を。

もし、所有しているギターの音質改善やリペア、改造などを
考えておられるなら、ピックアップ交換ほどの効果は期待できませんが、
ポットやコンデンサ、配線のリペアも多少の効果は期待できます。

安価なので実験気分で如何でしょう。(^^♪

その際は、上の図よりも現在施されている配線を書き留めてください。

配線は様々な種類があるので、全て上の図とは限りません。
配線方法は違えども、電気的に全く同じ配線パターンも存在します。

何かの参考までに。

-・楽器/エフェクター