・楽器/エフェクター

ピックアップ交換 1

2014/10/11

ギターは、パーツを交換することでその音は大きく変化します。

ピックアップ配線図
その代表的な部品はピックアップですが、
何でもOKという訳ではありません。

シングルサイズのザクリにハムバッカーを取り付ける事は
出来ませんので、ボディー加工の状況によって取り付けられる
種類は決まっています。

10万円以下のギターは、メーカーオリジナルのコストを
抑えたピックアップを使用している場合が多いので、
交換による恩恵は大きいかも。

交換用ピックアップのメーカーも迷うほど多くあり、
同じメーカーでも機種により音の特性が異なるので、
一律にこのメーカーの音は「●●な音」とは言えません。

実に多種多様です。

交換用ピックアップのメーカーとしては、ディマジオ、
ダンカンが愛用者も多く、有名です。

しかし、この2メーカーでは、配線の色の意味が異なる
場合があるので、作業の際には、HOT、COLD、
アースの色を説明書で確認しておきましょう。

最近は少なくなってきましたが、
H(ハム)S(シングル)Hのレイアウトが好きな方むけに、
一般的なHSHの配線図を上に図示しておきます。

ピックアップセレクター
この配線によるハーフトーンはセンター側に近いハムが
通線します。ネック側、ブリッジ側に近いハムに通線させる場合は
配線が事なりますのでご注意ください。

ピックアップにも相性があり、ギター材との関係は重要です。

木材の特性に合ったピックアップを選択することが成功か失敗の
分かれ道かも知れません。

ほとんど私個人の備忘録と化しているブログになってます。(^^♪
※配線図にアース結線が抜けていたので後日修正、
これにより配線色も合わせて変更致しました。

-・楽器/エフェクター