・VSTプラグイン

ピアノ音源聴き比べ

2014/10/11

ピアノ音源の比較をしてみます。
聴き比べのポイントはいくつかありますが、低音の響き、
高音の響き、サステインペダルの動作、リリースの余韻あたりでしょうか。

リバーブはピアノ音源付属のものは使用せず、
CUBASE側で行うことでなるべく条件を揃えています。

TOONTRACK EZkeys
使用するフレーズはTOONTRACK EZkeysとその拡張MIDIから作成しました。


CUBASE7に付属しているHALion Sonic SEから聞いてみましょう。

HALion Sonic SE
使用した音色はArtist SR LIVE GRAND PIANOです。


THE Grand SE3です。

THE Grand SE3
音色はYAMAHA C7 LifeTime Performanceです。
CUBASE6のインストールCDに付属しているピアノ音源で、
60日間のトライアルバージョンで作成しています。


MODARTT PIANOTEQ Stage4.51です。

MODARTT PIANOTEQ Stage4
音色はGrand D4 Daily Practice(modifide)です。
トライアルバージョンをダウンロードして使用しています。

F#1, G#1, A#1, C#5, D#5, F#5, G#5, A#5 が使用できません。
そして、20分を過ぎると再起動する必要があります。

Steinway Dグランドピアノのモデリング音源です。


TOONTRACK EZkeysです。

TOONTRACK EZkeys
音色はGRAND PIANO Raw Tweaksです。
ブログ記事でも何回か書いているピアノ音源です。


最後に電子ピアノ YAMAHA P-120の音を
インターフェイス経由で録音したものです。

YAMAHA P-120S
2001年発売モデルでGH鍵盤を使用したモデルで、
発売当時の定価は168,000円でした。

音の好みは人によりますし、
文字によって印象が左右されるといけないので私の感想は書きません。

ウェブでの再生はエンコードされており、
細かな違いが判りにくいと思うので比較用に作成した音源は
全てダウンロード可能としています。

Steinberg THE Grand SE3 12,800円
MODARTT PIANOTEQ Stage4 12,600円
TOONTRACK EZkeys Grand Piano 14,700円

どれも入門用のピアノ音源で、THE Grand SE3は
CUBASE6等に付属の体験版からの購入になります。

それぞれに特徴があって面白いですね。(^^)
※興味のある方はドラム音源聴き比べローズピアノもどうぞ。

-・VSTプラグイン