・DAW

ピアノの打ち込み 1

2014/10/17

PIANOのMIDI入力ですが、多くの方はMIDI鍵盤でステップ入力されるか、
マウスでポチポチと入力されることが多いかと思います。

ピアノは、誤解を恐れずに言えば弦楽器です。→例え話です。
弦をハンマーで叩いて音を出しているのです。

ピアノの仕組みピアノの仕組み
こう思えば、ギター弾きの方の苦手意識は軽減します。(^^;
ピックで弦を弾くか、ハンマーで叩くかです。

ピアノは弦楽器と打楽器の良いところが集約されているのです。

あと、ペダルは特有ですね。グランドピアノでは3本のペダルがあります。

1つは、弦をずらして音質を変えるソフトペダル。
ピアノはギターと違って1音発音するのに最大3本の弦を叩きます。
これをずらして2本だけ叩くと音が違って聞こえるのです。

1つは、ペダルを放すまでハンマーを降ろさないソステヌートペダル。
2ペダルのピアノはこのペダルが省略されています。

最後は、ダンパーペダル。シンセとかDTMの方にはサステインペダルの
方が馴染みがあるかと思います。

ピアノパートを入力する時に、楽譜のとおりに入力すると
何だかブツブツと余韻のない音になってしまいます。

Cubaseの使い方 ピアノ入力
上の譜面をそのまま入力すると下のようになります。

Cubaseの使い方 ピアノ入力
これでは、音と音が離れてブツブツした音でピアノらしくありません。
そこで、サステインペダルの効果を表現すると下のようになります。

Cubaseの使い方 ピアノ入力
ペダルはコードが変わる際に踏みなおすので、
それまで鍵盤から指を離しても音は持続しています。

それをMIDI入力で行うと上の形になり、赤の線がコードが変わる所、
すなわち、そこまで音はペダルによって伸ばされており、赤線の所で
リセットされる。そんなイメージです。

Cubaseの使い方 ピアノ入力
上の図の下降音ように、1音(2半音)や半音が連続する場合でも
実際はペダルを踏んでいる場合が多いので、音を伸ばします。

1曲分のパートを打ち込んだ後は下のような感じです。

Cubaseの使い方 ピアノ入力


ホームページに曲をMP3でアップしておきました。
・002 月光(ピアノインストゥルメント)というやつです。

※現在は手弾きで録音した「月光」をYOUTUBEとSound Cloudに
アップロードしています。ブログ右上のプロフィール欄に
リンクを貼っております。

CubaseStudio5に付属している、HALionONE の
S90ES というピアノ音色を使用しています。

KX25を購入した時に付いていた、CubaseAI4にもこの音色が
あったので、AI4,AI5にもあると思います。

リバーブとコンプ、マキシマイザーは使用していますが、
MIDI入力にはサステインペダルの効果以外表現していないデータを
鳴らしていますので、何かの参考までに。

-・DAW