・作曲/理論/音響

ツーファイブ

2014/10/12

今回はツーファイブについて。

ツーファイブ
上の図は、ジャズに出てくるダイヤトニックコードです。
では、実際に「F」で当てはめてみましょう。

FM7-Gm7-Am7-B♭M7-C7-Dm7-Em7♭5
トニックに帰りたい時、ツーファイブの進行で戻れば
すごく気持ち良いのです。

「Ⅱ-Ⅴ→Ⅰ」 なので、「Gm7/C7→FM7」です。

今後は、Gでツーファイブを探してみましょう。

GM7-Am7-Bm7-CM7-D7-Em7-F#m7♭5
ツーファイブの進行は、「Am7/D7-GM7」となりました。

それでは、ギターを使って簡単なツーファイブの探し方。

ギターで見つけるツーファイブ
下から上に、ⅡⅤⅠと並んでいます。

すなわち、A、D、G。
ダイヤトニックコードに当てはめれば、Am7、D7、GM7ですね。

6弦で考えると難しいので、
この場合はオクターブを上げると簡単です。

特に何でもない内容ですが、
ツーファイブはギターで考えると解りやすいというお話でした。

何かの参考までに。

-・作曲/理論/音響