・写真/カメラ/天体望遠鏡

アイピースカバー

2014/10/16

アイピースカバー
デジタル一眼レフのストラップに付いている小さな部品。

別売ストラッップの説明には、「アイピースカバー」とか
「ファインダーカバー」付きと書かれています。

これは何の為の部品かを書いてみます。

ファインダー
通常、撮影する時はカメラ背面に顔を近づけ、
ファインダーを見て撮影します。

いわば、カメラ背面は撮影者の顔により
ファインダーから光が入らない状態となっています。

では、カメラ背面の液晶を見て撮影するときはどうでしょう。

ライブビュー撮影とも言いますが、
この際は液晶画面を見るためにカメラから撮影者の顔が離れており、
ファインダーからカメラ内部に「光」が入っている状態です。

リモコン撮影時も同じですね。

ファインダーから光が入ることを「逆入射光」と言います。

逆入射光があると、測光に狂いが生じて
撮影した画像が暗くなる場合があります。

逆入射光によってカメラは被写体は明るいと判断し、
露出を下げてしまうのです。逆光の場合はなおのことです。

ファインダーカバー
そのため、ストラップに付いているアイピースカバー、
ファインダーカバーをファインダーに取り付け、
逆入射光を防ぐことで適正な露出で綺麗な写真を
撮る事が出来るのです。

これは光学式のファインダーを有する一眼レフ
(Single-lens reflex camera)カメラ特有のコツです。

ミラーレス式のデジタル一眼の場合は、
ミラーを使用したファインダーの構造ではないので、
逆入射光による影響はありません。

ミラーレスタイプのデジタル一眼では、
CMOSによる映像をファインダーに写している為です。

これを電子ビューファインダー等と呼びます。

楽器演奏の様子などを動画サイトにアップロードする時に、
デジタル一眼レフカメラで動画撮影を使用することもありますが、
ライブビューやリモコンで撮影する際にはアイピースカバーを
使ってみてはという、無理やり音楽に結び付けたお話でした。

※室内は屋外より暗いので逆入射光の影響は無いかもしれません。(^^;

何かの参考までに。

-・写真/カメラ/天体望遠鏡