★未分類★

そこにある幸せ

2014/10/22

大人になれば、嫌なことは毎日あります。
大人でなくても嫌なことは毎日あります。

一生のうち数え切れないほど、
嫌なこともありますが、良いこともあります。

生きていれば。

人間なんて、寿命が来れば誰でも死にます。
急いで自分で死ななくても。

死にたくなくても死んでしまうこともあるのだから。

死んでしまえば嫌なことは無くなりますが、
良いことも同時に無くなります。

自分はそれで良いのでしょうが、
残された者には悲しみだけが残ります。

厚生労働省によると、自殺者が増えているとありました。

私にも毎日嫌なことはあります。
仕事だったり、人間関係だったり。

大きかったり小さかったり。
自分が悪かったり、相手が悪かったり。

人の数だけの正義と価値観があるのだから、
上手くいかなくて当然と思っています。

上手くいく方がラッキーだと。

上手くいって当たり前と考えれば嫌なことは増えますが、
上手くいかなくて当たり前と考えれば、
日々に幸せが沢山あることに気がつきます。

それでも、嫌で嫌でしょうがない時もあります。

歳を重ねれば重ねるほど、
会社や社会への責任は重くなりますし、
責任の範囲も個人ではどうしようもないくらい
広く大きなものと向き合わねばなりません。

自分だけ、自分の勤めている会社だけと思っても、
何かあれば同業他社も同じ目で世間から見られます。

嫌になるときもありますし、
投げ出したくなることもあります。

そんな時、私は楽器を弾きます。

嫌なことは忘れて、新しい「力」がどこからか湧いてきます。

そして、何かを乗り越えられたとき、
新しい責任も生まれますが、喜びも生まれます。

失敗もありますが、これは将来、成功するための貯金です。

私は楽器と出会えた人生に感謝しています。
楽器を弾かれている多くの方も、そう思っていることと思います。

チャリティーピック
そういえば、今回の地震で楽器の不足している学校があるのだなと、
立ち寄った楽器屋さんで見かけたピックを見て思いました。

あまりに大きな出来事だったので、「楽器が不足している」という
あたりまえの事に寄り添うことが出来ませんでした。

私はティアドロップですが、
時にはトライアングルで弾いてみましょう。
新たな発見があるかも知れません。

私は音楽で誰かを幸せにすることは出来ませんが、
私が楽器を弾くことが誰かの幸せにつながるなら、
私は喜んで楽器を弾くことができます。

そして、将来、困難に打ち勝つ力を音楽から得られる人が、
そして、将来、楽器とめぐり合えた事を幸せと感じる人が、
一人でもいてくれたらと思います。

いつか書いた、小さな運動。
そして、私でも出来る小さな行動。

それは誰でも出来るという大きな運動なのかも知れません。

もし、最初のくだりで、
「あなたは本当の不幸を知らないから、そんなことが言えるのだ。」
そう思われ、気分を害された方がいましたら申し訳ありません。

私は本当の不幸を知らないかもしれません。
それでも、人が死ぬ悲しみは知っています。
仕事柄、多くの死から多くの人生を学ばさせて頂きました。

その方々から教わったことは一つ。
「精一杯今を生きるということ」でした。

-★未分類★