・楽器/エフェクター

機材紹介 P-120S

2014/10/17

機材紹介パート8です。

YAMAHA P-120SYAMAHA エレクトロニックピアノ P-120S です。

昔は、シンセサイザーを使用していたのですが、軽いタッチに馴れず
現在は、電子ピアノを使用しております。

P-120S は、MIDI 端子を持っているので、他の MIDI機器と接続する
ことができます。

また、TO HOST 端子を使用して直接PCとの接続も可能です。

そんなに高い機種ではありませんが、昔所有していたハードウェア
音源より音色は良いと感じていました。電子ピアノですので、
音色数は少ないですが、DAW(DTM)をする場合は、VSTi や
他のハードウェア音源の音でいくらでも補うことができるので
私的には問題なしです。

DAWへの入力に MIDIコントローラ KX25 の鍵盤数が足りない時や、
リアルタイムで入力するときは、P-120S を使用します。

このやり方、効率的で実に便利です。(^^♪

実は、私はピアノを習った事はなく、
ト音記号譜面も「ユ~~~ックリ」としか読めません。

ましてや、ヘ音記号は読めません。

でも、ギターが弾けるおかげでコードとスケールは
何となく解りますから、とりあえずOKです。

しかもDAW(DTM)に入力する際は、左手パートも右手で弾いています。
右手で2回弾いて両手フレーズにするという、卑怯な手を常用。

ですから、自分が作った曲がリアルタイム録音であったとしても、
自分で再現することはできません。(^^;

良いのです。
私は、ギター弾きです。

趣味でDAW(DTM)やってるだけです。
明日の仕事の為に気分転換ができたら良いのです。

昔みたいにライブもしませんし。
ましてや、人前で弾く機会もありません。

いや、あったとしても弾きません。ん? 弾けません。
ですので、曲を作るのに見栄も手段もありません。

自分の思うように曲が出来たら良いのです。
それだけです。

鍵盤弾きの方に「卑怯だ!」「邪道だ!」「この外道め!」
なんて言われても・・・・私はギター弾きだから同じ土俵に
あげないでね。と笑って逃げます。逃げ続けます。(^^;

→【電子ピアノ検索結果へのリンク】

-・楽器/エフェクター