・DAW

サンレコ10月号

2014/10/31

Sound&Recording magazine 2012年10月号(2012/09/15発売)は、
・特集(1)でEQのツボを知る!。
・特集(2)でパワー系ロックドラムをソフトで再現。


興味のある内容なのですが、
近くの楽器屋、書店では既に売れており
探してもなかなか見つかりません。

仕方ない。
ネットで買うとしましょう。(^^;

「EQのツボを知る!」ではウェブページから
素材をダウンロードし、それをDAWで読み込む。
紙面を見ながらEQを掛けてそのポイントを知る。

こんな内容です。

EQについてはケースバイケースなので
参考までに読みたいと思うのですが、
特集(2)に大変興味があります。

バンド編成ではドラム音色に気を使う訳ですが、
その中で別途VSTi音源を購入する方も多いと思います。

その中で入門用というか価格的に手を出しやすい
BFD2、EZ Drummer、Addictive Drumsを取り上げ、
レッチリ、メタリカ、ニルヴァーナ、バトルスの
パワー系ロック・ドラムのフレーズを各ドラム音源で
比較しています。

Web連動企画なので各ソフトの音を聴くことが出来ます。

Blood Sugar Sex Magik/Red Hot Chili Peppers
One/Metallica
Smells Like Teen Spirit/Nirvana
Africastle/Battles

それぞれ20~30秒の短いドラムフレーズですが、
それぞれの音源の特徴を知るには十分な内容です。

本を買わなくてもWebで聴くことが出来ますが、
Webに「記事を参照することでドラムの打ち込み&
音色作りのノウハウもマスターできる」と書いてありました。

そんな簡単にマスターは出来ないと思います。
それにチョット微妙?と思ったのは私だけでしょうか。(^^;

それぞれのドラム音源の標準価格(2012/09/28現在)は、
FXPANSION/BFD2 28,140円
XLN AUDIO/Addictive Drums 16,800円
Toontrack/EZdrummer 15,750円

BFD2だけ価格が高めですが、BFDecoが3,980円で投げ売り状態。
BFDecoからのアップグレードが16,800円なので実質2万円でしょうか。

ネットショップやキャンペーンで上記価格より
更に安価で入手できる場合が殆どです。

私は主にEZdrummerとその拡張キットを使っていますが、
いつも同じ音ではツマラナイのでCUBASE6.5に付属する
ドラム音色とBFDecoも使っています。

例えばバスドラはBFDeco、スネアとシンバルはDAW付属VSTi、
ハイハッチとタム類はEZdrummerを使用したりなど。

あまり高価な音源はそれを扱う技術が私には無いので
入門用VSTiで済ましています。(^^)

何かの参考までに。

-・DAW