・楽器/エフェクター

コンプの仕組み

2014/10/08

コンプレッサーの仕組みです。
ギターやドラムでは良く使うエフェクトだと思います。

Cubase コンプレッサー

仕組みは至って簡単で、
ギターをピッキングした時の最大音量 = アタック
その後一定の音量まで減衰      = ディケイ
減衰した音量を保つ時間       = サステイン
その後ゆるやかに減衰        = リリース

これらをコントロールし、音の粒を揃え、サステインを伸ばすのが
コンプレッサーです。

コンプレッサーはスレッショルドライン以上の音を圧縮し、
また、以下の音を持ちあげます。

この際、「スレッショルド以下を持ち上げる」及び
「GAINで音量を上げる」時に、ノイズ成分まで持ち上げてしまいます。

下の図は大雑把なイメージです。細かい所は気にしないでください。

コンプレッサーの仕組み

Cubase にも、VSTプラグインとしてコンプレッサーがありますし、
殆どのギター用マルチエフェクターにも搭載されています。

コンプレッサーにより、パラメーター名、パラメーター数、利き具合等は
異なりますが、仕組みが理解できれば、より積極的な音作りが出来ると思います。

-・楽器/エフェクター