・徒然なる日常

もしかして?

2014/10/16

先日からDTM周辺の整理整頓や配線の組み直し、
ギターのメンテナンスを行っています。

なぜに・・・。

自宅療養中で元気になったぶん暇になっているということもあります。

cats_20131029212914c7a.jpg
大きくすると気持ち悪いので小さい写真ですが、
両手のあちこちに肉芽腫が出来き、唇にも。

とどめは蕁麻疹に発熱、めまいに動悸。

10月の終わりに蕁麻疹と発熱&めまいで掛かりつけ医に相談するも、
今日は無理、仕方なく他の医療機関へ行くも「うちでは無理」という返答ばかり。

何件行っても同じ返答なので、
仕方なく週明けまで我慢して大きな病院へ飛び込みで。

各種血液検査や組織を切り取って検査した結果、
検査結果の日には症例がなく1次判定までしか出ませんでした。

専門医間のカンファレンスが必要で
診断までもう少し時間が必要とのこと。

hand_20131120224454720.jpg
日常的に飲み続けられる用量を超えて服用することで
なんとか手は元通りにもどりました。(^^)

服用後2時間もすれば蕁麻疹や頭痛、眩暈に襲われ、
食事をしても蕁麻疹。唇に肉芽腫があったので
食べれたものではなかったですが、これも回復。

1日起きていることもしんどかったですが、
今は1日活動しても体調に変化は見られません。

入院していればもっと早く回復できたのでしょうが、
進めなければならない仕事や打ち合わせ等にも
出なければならないので、自宅ワーク&都度出勤。

これで仕事へ復帰しても仕事が可能です。

問題はこの用量を続けることが出来ないこと。

それまでに何とか検査結果によって、
もっとピンポイントで効果のある処方に変更できれば良いのですが。

世の中、判らないこともある訳で。
特に体の中で発生している因果関係は
よく判っていないことも多いのです。

しかし、楽観はしてませんが希望は持てます。

・・・・で、この手の状態ならギターが弾けそうだなと、
ギターメンテナンスに一生懸命になっていた訳です。(^^)

正直、2年くらいまともにギターを弾いていません。

年に数日あった使える指で弾いた数曲も
指の耐性がないので数時間で録音しているものです。

悲しいことに・・・

g2.jpg
この「G」が押さえられなくなっていました。(ToT)

1弦3Fと2弦3フレットの押さえる位置を外すのです。
1弦がフレットから落ちたり、2弦のつもりが3弦を押さえていたり。

c_2013112023013276c.jpg
この「C」から1弦3FのGを固定した「C/G/Am7/C/F/G/C」という
超簡単な循環コード・・・・できまへん。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

バレーコード・・人差し指の皮膚が柔らかすぎて痛い・・・あきまへん。(-_-;)

それじゃ簡単なソロでも・・・指の動きがカクカクして・・ムリでんな。(-_-;)

それでも。もしかして、この状態が続くなら近いうちに
感覚も戻り、皮膚も正常な硬さに戻るでしょう。

もしかしての都合の良い話だけど。(^^;

-・徒然なる日常